プロの認知症介護2017年度 〜ケアマネージャー研修〜

自信がつくつく家族支援

認知症の人の支援には介護家族への支援は欠かせません。介護者のことを知り、上手に関わるコツを一緒に学びましょう!

●受講者募集要項

●講座概要

日時 平成29年8月11日(金・祝) 10:00〜16:30
受講料 5,000円
受講資格 ケアマネジャー経験1年以上
(実際に認知症のケアプランを立てている方)
定員 30名【先着順】(定員になり次第締め切ります。)
会場 東海市立市民活動センター(東海市大田町後田20-1 ソラト太田川3F)

※認知症ケア専門士単位 3単位/主任介護支援専門員更新 対象研修

●午前の部 10:00〜11:30

●ケアマネ劇団「HEART」による寸劇

●グループワーク

関わり方に 困難する介護者についての情報交換

●午後の部 12:20〜16:30

●家族の声から〜介護者から生の声を聞く〜

●介護者の心理ステップ

介護者の介護負担感をどう読み取るのか、
介護者のとらえ方を学ぶ。

●グループワーク演習

独自開発した「介護者を理解するためのアセスメントシート」を活用し、介護者を支援するための演習を行う。

●介護者のアセスメントが活きるケアプラン

介護者の支援をケアプランに反映させる方法を学ぶ。

●講師

●恒川 千尋
(主任介護支援専門員 ケアプランつゆくさ代表社員)

医療ソーシャルワーカーとして働く中、義母の介護により離職。その後施設等での相談員や居宅のケアマネジャーを経て、現在は居宅介護支援事業所を開設。

認知症の方の支援を得意とするケアマネジャーとして活躍中。 家族の会にてケアマネジャーの家族支援を学ぶ場として 「ケアラーマネジメント勉強会」を立ち上げる。

●尾之内 直美
(公益社団法人認知症の人と家族の会愛知県支部代表)

元介護家族。家族支援活動歴20年。平成15年に考案した「家族支援プログラム」 県下各地の自治体で認知症の家族支援講座として導入され、これまでに2000名を超える家族が受講し、元気を得ている。各地の「認知症家族交流会」運営に携わり介護うつ・虐待・BPSDの減少につながる家族支援を目指して、ピアサポートを活用し、介護家族の力を引き出す支援に取り組んでいる。

お申し込み・問い合わせ
申込書に必要事項を記入の上FAX・E−mail・郵送にてお申し込み下さい。
締切は8月3日(木)です。※定員になり次第締め切ります。
主催/特定非営利活動法人 HEART TO HEART
TEL 0562-36-2353/FAX 0562-33-7102/
E-mail rara-npo@ma.medias.ne.jp
〒477-0034 東海市養父町北堀畑58-1
特定非営利活動法人 HEART TO HEART 宛
協力/公益社団法人 認知症の人と家族の会・愛知県支部
後援/日本認知症ケア学会

2017/07/04